SSブログ
前の10件 | -

『また会う日まで』連載中 [新聞小説]

挿絵2.jpg

朝日新聞 池澤夏樹『また会う日まで』連載中。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

龍華記 文庫 [書籍]

龍華記2.jpg

龍華記 澤田瞳子 角川文庫

時は、平家が繁栄を極める平安末期。高貴な出自でありながら、悪僧(僧兵)として南都興福寺に身を置く範長は、都からやってくるという国検非違使別当らに危惧をいだいていた。彼らが来るということは、興福寺をも、平家が支配するという目論みがあるからだ。検非違使の南都入りを阻止するため、仲間とともに、般若坂へ向かう範長。だが、検非違使らとの小競り合いが思わぬ乱戦となり、範長は大きな過ちを犯すことになるが──

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

ボーンヤードは語らない [書籍]

ボーンヤード1.jpg

ボーンヤードは語らない 市川憂人 東京創元社

U国A州の空軍基地にある『飛行機の墓場(ボーンヤード)』で、兵士の変死体が発見された。謎めいた死の状況、浮かび上がる軍用機部品の横流し疑惑。空軍少佐のジョンは、士官候補生時代のある心残りから、フラッグスタッフ署の刑事・マリアと漣へ非公式に事件解決への協力を依頼する。実は引き受けたマリアたちの胸中にも、それぞれの過去――若き日に対峙した事件への、苦い後悔があった。
高校生の漣が遭遇した、雪密室の殺人。ハイスクール時代のマリアが挑んだ、雨の夜の墜落事件の謎。そして、過去の後悔から刑事となったマリアと漣がバディを組んだ、“始まりの事件”とは?

ボーンヤード3.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

ポストカプセル [書籍]

ポストカプセル1.jpg

ポストカプセル 折原一 光文社文庫

結婚の申し込み、親に宛てた遺書、退職にあたってお世話になった相手への礼状、プロポーズした相手の小指を切断するという脅迫状、文学賞の受賞通知、家出した孫に宛てた助けを求める手紙……大切な手紙の数々が相手に届いたのは、十五年後だった。一体どうしてこんなことに? 時間差で届いた手紙が巻き起こす悲喜劇の裏には「編者」の影が。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

グラスバードは還らない [書籍]

グラスバードは還らない文庫.jpg

グラスバードは還らない 市川憂人 創元推理文庫

大規模な希少動植物密売ルートの捜査中、顧客に不動産王ヒューがいるという情報を掴んだマリアと漣。2人は彼の邸宅のある高層ビルを訪れるが、そこで爆破テロに巻き込まれてしまう! 同じ頃、ヒューの所有するガラス製造会社の関係者らが、窓のない迷宮に軟禁されていた。ヒューからの不気味な伝言に怯えて過ごしていると、突然壁が透明に変わり、血溜まりに横たわる男の姿が!? 

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

暗闇坂の人喰いの木 [書籍]

暗闇3.jpg

暗闇坂の人喰いの木 島田荘司 講談社文庫

さらし首の名所だった「暗闇坂」にそそり立つ樹齢二千年の大楠。この巨木が次々に人間を呑み込んだのか。近寄る人間たちを狂気に駆り立てる大楠の謎とは。とうてい信じられない怪事件に名探偵・御手洗潔が敢然と挑む。しかしながら真相に迫る御手洗も恐怖にふるえるほど、事件は凄惨を極めるものだった。


TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

新聞連載 [書籍]

新聞挿絵1.jpg

池澤夏樹『また会う日まで』
朝日新聞朝刊にで連載中。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

宇喜多の楽土 [書籍]

宇喜多の楽土 文庫.jpg

宇喜多の楽土 木下昌輝 文春文庫
文庫にも単行本時のイラストを使っていただいています。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。