SSブログ

銀閣の人 [書籍]

71svEh0mKCL.jpg

銀閣の人 門井慶喜 角川文庫

応仁の乱は、京の街を焼け跡にしようとしていた。
室町幕府八代将軍・足利義政は、京の秩序を守る責務から目をそらし、自らの美意識の顕現に挑んだ。
孤独な将軍は、何に苦悩し、何を実現しようとしたのか。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

ヴァンプドッグは叫ばない [書籍]

ヴァンプドッグ.jpg

ヴァンプドッグは叫ばない 市川憂人 東京創元社

U国MD州で現金輸送車襲撃事件が発生。襲撃犯一味のワゴン車が乗り捨てられていたのは、遠く離れたA州だった。応援要請を受け、マリアと漣は州都フェニックス市へ向かう。警察と軍の検問や空からの監視が行われる市内。だがその真の理由は、研究所から脱走した、二十年以上前に連続殺人を犯した男『ヴァンプドッグ』を捕らえるためだった。しかし、『ヴァンプドッグ』の過去の手口と同様の殺人が次々と起きてしまう。
一方、フェニックス市内の隠れ家に潜伏していた襲撃犯五人は、厳重な警戒態勢のため身動きが取れずにいたが、仲間の一人が邸内で殺されて…

ヴァンプドッグ2 のコピー.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

十戒 [書籍]

71tZr4HEcFL.jpg

十戒 夕木春央 講談社

浪人中の里英は、父と共に、伯父が所有していた枝内島を訪れた。島内にリゾート施設を開業するため集まった9人の関係者たち。島の視察を終えた翌朝、不動産会社の社員が殺され、そして、十の戒律が書かれた紙片が落ちていた。“この島にいる間、殺人犯が誰か知ろうとしてはならない。守られなかった場合、島内の爆弾の起爆装置が作動し、全員の命が失われる”。
犯人が下す神罰を恐れながら、「十戒」に従う3日間が始まった。

十戒B.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

ダーク・ブルー 文庫 [書籍]

ダーク・ブルー文庫.jpg

ダーク・ブルー 真保裕一 講談社文庫

海洋調査を専門とする日本海洋科学機関(JAOTEC:ジャオテック)のパイロット・夏海ら潜航チームは、天才科学者・奈良橋教授の開発チームとともに、潜水調査船「りゅうじん6500」に搭載された新型マニピュレーターの検証実験のため、フィリピン沖に向かう。だが、突如武装集団の襲撃に遭い、母船が占拠、船員を人質にとられてしまう。武装集団の目的は、深海の沈没船に隠された世界を変えうる力を持つ「宝」のサルベージだった。仲間の命を救うため、夏海は調査船に乗り込み、銃を突きつけるシージャック犯とともに暗く蒼い海の底へと生死をかけたダイブに臨む。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

パシヨン [書籍]

パシヨン1.jpg

パシヨン 川越宗一 PHP研究所

キリシタン大名・小西行長の孫で、対馬藩主・宗義智の子として生まれた彦七(のちの小西マンショ)の運命は、関ヶ原の戦さによって大きく変わった。離縁された母・マリヤとともに彦七は長崎へ。キリシタンへの迫害から逃れてきた、小西家の遺臣らの世話になりながら成長していく彦七だったが、彼には小西家再興の重圧がのしかかっていく。キリスト教が禁じられ、信徒たちの不安が高まるなか、彦七はある重大な決断を下すのだが……。

パシオン3.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

歩く亡者 [書籍]

71mjOLxzO3L.jpg

歩く亡者 怪民研に於ける記録と推理 三津田信三 角川書店

瀬戸内にある波鳥町。その町にある、かつて亡者道と呼ばれた海沿いの道では、日の暮れかけた逢魔が時に、ふらふらと歩く亡者が目撃されたという。かつて体験した「亡者」についての忌まわしい出来事について話すため、大学生の瞳星愛は、刀城言耶という作家が講師を務める「怪異民俗学研究室」、通称「怪民研」を訪ねた。言耶は不在で、留守を任されている天弓馬人という若い作家にその話をすることに。こんな研究室に在籍していながらとても怖がりな馬人は、怪異譚を怪異譚のまま放置できず、現実的ないくつもの解釈を提示する。あの日、愛が遭遇したものはいったい何だったのか――(「第一話 歩く亡者」)。

歩く亡者3.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

上海灯蛾 [書籍]

上海灯蛾2.jpg

上海灯蛾 上田早夕里 双葉社

1934年上海。「魔都」と呼ばれるほど繁栄と悪徳を誇ったこの地に成功を夢見て渡ってきた日本人の青年・吾郷次郎。彼の許を謎めいた日本人女性が訪ねる。ユキヱと名乗るその女が持ちこんだのは、熱河省産の極上の阿片と芥子の種。次郎は阿片の売買を通じて上海の裏社会を支配する青幇の知己を得て、上海の裏社会に深く踏み入っていく。

上海灯蛾4.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

まむし三代記 文庫 [書籍]

まむし三代記1.jpg

まむし三代記 木下昌輝 朝日時代小説文庫

法蓮房は国盗りの大望を秘めて美濃を目指し、土岐家内でのし上がる。
野望を受け継いだ2代はついに美濃国を奪取し、斎藤道三を名乗る。
親子2代にわたる国盗りの大いなる武器「国滅ぼし」とは?
その真実に行き着いた3代目の義龍の決断とは──

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

王の家 [書籍]

王の家3.jpg

王の家 江上 剛 光文社

日本一の家具店を一代で築いた〝家具王〟宝田壮一だが、寄る年波には勝てず、後継者選びにも悩んでいた。権力の座を望む長女、その姉を恐れる次女、父親が気がかりな三女、この三姉妹も役員だが、それぞれの強い思いが不協和音となり、家族間に暗い影を落とす。一族を取り囲む社員たちに加えて投資ファンドの策謀が絡み、影は濃く、深くなるばかり。宝田家具には〝破滅〟への道しかないのか!?

王の家3.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

図書館の子 文庫 [書籍]

図書館の子 文庫1.jpg

図書館の子 佐々木譲 光文社文庫

猛吹雪の夜、図書館に少年がひとり取り残された。暖房機が壊れ、極寒の館内。突然現れた謎の男は少年を救い、やがて大切なことを伝え始めた――。(表題作)
一九三一年の満洲。大連のダンスホールで働く千春は、内地からの旅行者らしき青年に恋をする。彼には、胸に秘めた危険な計画があるようなのだが……。(「傷心列車」)
時を旅する者たちの数奇な運命を描く全六編。

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/