SSブログ

方舟 [書籍]

IMG_0298あ.jpg

方舟 夕木春央 講談社

大学時代の友達と従兄弟と一緒に山奥の地下建築を訪れた柊一は、偶然出会った三人家族とともに地下建築の中で夜を越すことになった。
翌日の明け方、地震が発生し、扉が岩でふさがれた。さらに地盤に異変が起き、水が流入しはじめた──

方舟2.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

語学の天才まで1億光年 [書籍]

語学あ.jpg

語学の天才まで1億光年 高野秀行 集英社インターナショナル

*インドで見ぐるみ剥がされ、英語が上達
*暗黒舞踏ダンサーのフランス人との二重録音学習法
*リンガラ語のテキストを自作、コンゴで起きた“語学ビッグバン”
*南米のマジックリアリズムはスペイン語のなせる技
*麻薬王のアジトでビルマ語学習。文法の法則は自分で発見

語学2あ.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/

台北野球倶楽部の殺人 [書籍]

台北.jpg

台北野球倶楽部の殺人 唐 嘉邦 玉田 誠 訳 文藝春秋

昭和十三年、日本統治下の台湾・台北市。台北駅からほど近い喫茶店「グランドスラム」では野球愛好家の集まり「球見会」の定例会が開かれていた。
日本でプロ野球が発足してまだ三年目。当時もっとも注目されていたのは東京六大学野球で、この夜も話題の中心は早慶戦ともう一つ、台湾の高雄商業学校のエース兼四番バッター大下弘だった。球見会には六大学のOBが参加していて、彼らは大下を自分たちの出身大学にスカウトすべく鍔迫り合いを演じていた。
そんな折、球見会の会員二人が別々の列車内で不審な死を遂げた。この会の唯一の本島人(台湾人)会員・陳水金は台北の北鉄新店線萬華駅で、慶應OBの藤島慶三郎は高雄駅で台北から乗車した寝台列車の中で発見された。
台北南署の刑事・李山海とその相棒の北澤英隆は高雄署とも協力し事件の謎を追う。果たして二人の死には、「明日の球界を背負う逸材」大下弘のスカウト合戦が関係しているのか、それとも……?

台北2.jpg

TISギャラリー https://www.tis-home.com/toru-kageyama/